社歴や年齢を問わず輝ける!
常に成長を求めるベンチャー気質と
個人の能力を発揮できる環境が魅力。

2018年 新卒入社WEBシステム開発職

地方では難しいと諦めかけていた
“面白い”ITの仕事に携われる会社

大学院で電子情報システム工学を専攻し、卒業後、コアに入社しました。コアの存在を知ったのは、「山口では珍しく面白いことをやっている会社がある」と友人から聞いたことがきっかけです。ちょうど就職活動の真っ只中のことでした。それまで「山口ではIT関連の仕事、それも、ワクワクするような面白い仕事をするのは難しい」と地元での就職を諦めかけていた私ですが、コアを知って、「もしかしたら大きな仕事に挑戦できるかもしれない」と再び前向きな気持ちになれました。実際に採用試験を受けていく過程で改めて社員の方々に、全国各地や海外でも展開する仕事、誰もが知っているであろうビッグクライアントとの仕事、多岐にわたる分野、社風、今後の展開などさまざまなお話を聞き、「ここだったら自分のやりたいことができる。自分の可能性を試せる」と確信しました。

社歴や年齢に関わらない
「挑戦する人」が輝く環境

入社して約半年が過ぎましたが、まだまだメーンは上司や先輩から与えられた仕事です。しかし、単純に業務をこなすのではなく、自分なりに工夫したり、改善点を提案したりと、そういったことも求められているのを感じます。これは他社とは異なるコアの魅力の一つですが、新人である私のアイデアや提案にも先輩方はしっかりと耳を傾けてくださいます。そして、真剣に聞いてくださったうえで、良いものには「よし、やってみろ!」と言ってもらえるとてもありがたい環境です。また、仕事の空き時間は「とにかく勉強に費やせ」と言われています。書籍の購入やセミナーへの参加費など技術や知識を磨くためならば、会社が全面的にバックアップしてくれます。さらに、自分が見つけた新しい技術やサービスを「ぜひ新しい案件で使ってみよう」と言ってもらえることもあり、仕事へのモチベーションはどんどん高まっていっています。ただし、言い方を変えれば「自分自身で挑戦しないと成長できない」ということでもあります。そんな程よい緊張感は、もっと成長したい、自分の限界に挑戦したいという方にはぴったりだと思います。

まだまだ成長したいと思わせるのは
お客さまからの「便利だね」の一言

プログラムやシステムの作成・開発はどちらかといえば室内に篭ってばかりになりますが、コアではシステムを運用するイベントなどの現場に足を運ぶ機会もあります。実際にシステムを活用なさっているお客さまとふれあい、イベントの空気を体感することで、自分たちの仕事に誇りが持て、達成感を味わうことができます。私もイベントに参加させていただく機会があり、その時にお客さまから「便利だね」と直接声をかけていただきました。この感謝の言葉とお客さまの笑顔は、今でも忘れられません。もっともっと誰かの役に立つシステムを作りたい、と改めて実感した瞬間でした。これからはお客さまの元に営業担当者と一緒に同行する機会も増えてくると思います。なので、目下の目標は、お客さまのニーズを察知し、それに応えられるシステムを作っていくこと。そして、そのシステムでお客さまを笑顔にすることです。

常に「成長」を意識した社風で
地方のIT業界を変えたい

コアという会社は常に「成長」を意識しています。設立から30年以上経っているのにも関わらず、未だに挑戦を厭わない姿勢、いわば「ベンチャー的社風」は、若い人材が活躍するのに最高のステージだと感じています。「君ならプロジェクトを任せても大丈夫だ」と言われる人材になりたい、そのうちAIやビッグデータの分野にも進出したい、など夢は大きくなるばかりです。私自身ももちろんですが、会社全体としてももっともっとできることを増やし、「地方の会社には無理」という常識を覆したいですね。

コアを志望するみなさんへ

コアは「個人の力が発揮できる職場」です。大企業ですとガッチリ組まれたマニュアルやしがらみなどがあり苦労する場面も多いと聞きますが、コアは全く異なる印象です。会社員でありながら、個々のプロフェッショナルが集っている、という感じでしょうか。自分自身の能力を発揮したい、挑戦してみたいという方はきっと仕事が楽しめますよ。

仲間を募集しています

採用情報