「プログラマーとして
この先もずっと輝きたい」、
それが叶えられるのがコア。

2013年 中途入社WEBプログラマー

「やっぱりプログラミングがしたい」。
“ものづくり”を続けるための転職

以前勤めていた中規模のソフトウェア企業では、システムエンジニアとしてシステム開発に従事していました。マネジメントや見積もり、設計などの上流工程が主な作業で、自分が本当にやりたいプログラミングはできない状況に限界を感じ、いずれは地元の山口へ帰りたいという希望もあったことから、転職を決意しました。地方ではITの仕事は難しいかも、と思っていたところ、山口を拠点に国内外の仕事を手がけるコアを知り入社試験を受けました。「この先もずっとプログラミングという“ものづくり”に携わっていたい」という想いを伝えたところ、真剣に受け止めてもらえ、社員の気持ち・意見をきちんと取り入れてくれる会社だなと感じたことを覚えています。

プログラミングの自由度、
社内の雰囲気がコアの魅力

現在はプログラマーとしてさまざまな案件に携わっています。以前の職場では規模の大きさからいろいろとルールが多かったのですが、コアはプログラミングに縛りがなく、自由な発想で作業に取り組め、「少人数だからこそできる挑戦」が、自分の成長に繋がっていると日々実感しています。実際に働き出して感じたコアの魅力は、プログラミングの自由度だけでなく、社内に漂う程よい緊張感と上司や先輩、同僚との丁度いい距離感、つまり会社の雰囲気です。お互いを常に意識し、高め合い、時には助け合う関係性が築けており、一人ひとりが「いいものを創りたい」という情熱のもと、仕事に取り組んでいるのがわかります。一生を通じて“ものづくり”をしたい自分にとっては最適な職場です。

年に100日以上はベトナムに。
コアだから経験できる海外での仕事

これまで手がけた仕事で印象に残っているのは、納期まであまり日がなかったスマホ用アプリの開発です。自分がiOSとAndroidの両方のプログラミングを担当し、デザインや画像素材の作成などは他のメンバーに協力してもらってどうにか期日に間に合わせたという大変な業務だったのですが、やり遂げたときの達成感と改めて感じたチームワークの良さは忘れられないものになりました。この一件で強く感じた「できなかったことができるようになっていく感覚」は今でも日々感じることができます。特に私は海外での仕事に携わるチャンスに恵まれ、今では年間100日以上はベトナムのハノイで過ごしています。まさか地方の会社に在籍していて海外で仕事をするなんて、入社する前の自分には全く想像できませんでした。現在は現地のプログラマーとともに開発に取り組む中で、たくさんの学びを得ています。

どんどん成長する自分を実感。
だけど真摯な気持ちは忘れない

コアに入社してからは、これまで未経験だったことに挑戦でき、挑戦によって自身のスキルがアップし、視野が広がっていくことを実感する毎日です。こんなアプリが開発したい、もっと海外での仕事をしたいという思いは年々強くなり、“ものづくり”への意欲、感性が磨かれているのも感じます。これからはAI技術など新しいものの開発にもチャレンジしたいです。ただ、こうして進化していく中でも、与えられたミッションをひたすら愚直にこなすという私の信念は貫き続けます。自分にとっても、会社にとっても一番大切なのはやはりお客様からの信頼だからです。より信頼されるプログラマーを目指し、今後も努力し続けます。

コアを志望するみなさんへ

コアという会社は地方では珍しくITの仕事がたくさんあり、海外での仕事にも挑戦できるチャンスがあります。会社というより、プロフェッショナルの集団というような雰囲気で、一人ひとりが能力を発揮できる環境も魅力です。一緒に“ものづくり”に情熱を注いでくれるプログラマーを大歓迎します!

仲間を募集しています

採用情報
デジタルハリウッドSTUDIO山口 2018年7月開校